宗教哲学の救済論:後期田辺哲学の研究 ,

The Soteriology of religious philosophy: A study of Tanabe Hajime’s Late Philosophy

作者:廖欽彬

出版社:台灣大學出版

ISBN:9789863503149

$58.20

產品號碼: 81423 貨號: 9789863503149 分類: , 標籤: , , , ,

  本書主要以宗教哲學的觀點,來探討京都學派哲學家田邊元的中、後期思想。作者以異於舊有的觀點,來研究田邊宗教哲學的發展,並試圖突顯出異於西方宗教哲學類型的近代日本宗教哲學。本書在探討被稱為田邊哲學的「種的邏輯」體系中的哲學與宗教,即合理性與非合理性的對立統一結構(絕對媒介的辯證法結構)後,檢視「種的邏輯」的崩壞過程,接著究明戰後被重新建構的、從懺悔道哲學、基督教的辯證到「死的哲學」這一代表後期田邊哲學面貌的宗教哲學構造,並對該哲學在現實世界的實踐可能性提出質疑。在此論證過程中,作者闡明了日本中世宗教家道元與親鸞的宗教思想,經由田邊的現代哲學解釋,具有絕對媒介辯證法的結構,形成近代日本的宗教哲學面貌。作者最後以台灣這一異文化觀點,論究了台灣日治時期哲學家洪耀勳有關「實存」概念的哲學思考,並從跨文化的視野和田邊哲學進行了比較。

  本書は京都学派の哲学者・田辺元の中、後期思想を、宗教哲学の観点から探究したものである。作者は、従来とは異なる視点で、田辺の宗教哲学の展開を論究し、西洋における宗教哲学の類型に異色を示す近代日本の宗教哲学を浮き彫りにしようとした。本書は、田辺哲学と称される「種の論理」体系にある哲学と宗教との、すなわち合理的なものと非合理的なものとの対立的統一の構造を示す絶対媒介の弁証法を検証し、その論理的な破綻の過程を追いつつ、戦後新たに構築された懺悔道哲学から、キリスト教の弁証へ、そして「死の哲学」に至るまでの、後期田辺哲学の真骨頂を表す宗教哲学の構造を究明し、その現実世界における実践可能性を問うた。その中で、中世日本の宗教家・道元と親鸞の宗教思想を近代哲学の立場から解釈し、絶対媒介の弁証法を内実とする近代日本の宗教哲学の構築に成功した田辺哲学の真髄を解明した。最後に台湾という異文化の観点から、台湾植民地時代の哲学者・洪耀勲の「実存」概念をめぐる哲学的思索を論究しつつ、間文化的視点から田辺哲学との比較を試みた。

 

目錄

序章
一、宗教哲学の救済論とは何か
二、宗教哲学的な救済論の実践可能性

第一章 「種の論理」とその挫折
一、はじめに
二、「基体即主体、主体即基体」
三、哲学と宗教
四、宗教と歴史
五、国家的存在と歴史
六、結論

第二章 後期田辺哲学の起点
一、はじめに
二、懺悔
三、懺悔と救済と罪悪
四、絶対批判の論理
五、三願転入
六、結論

第三章 歴史哲学の展開
一、はじめに
二、行信証と往還二相廻向
三、念仏禅
四、三願転入と時間五、三心釈と時間
六、結論

第四章 絶対弁証法のキリスト教的展開
一、はじめに
二、預言者
三、悔い改め
四、福音信仰
五、救主信仰
六、結論

第五章 日本仏教とキリスト教との邂逅―絶対宗教をめざして―
一、はじめに
二、愛と行信証の三一性
三、イエスかパウロか
四、絶対宗教
五、結論

第六章 死の哲学
一、はじめに
二、生か死か
三、死への存在
四、死につつ生きる存在
五、結論

第七章 東アジアにおける実存哲学の展開―田辺哲学と洪耀勳の間―
一、はじめに
二、田辺哲学の実存概念をめぐって―知から行へ
三、実存哲学の限界と転回
四、敗戦後の実存概念の行方
五、台湾における「実存」概念の展開
六、結論

結章
一、後期田辺哲学の展開
二、宗教哲学としての田辺哲学の展望

参考文献
後記
人名索引
事項索引

 

作者介紹

作者簡介

廖欽彬(リョウ キンヒン)

  1975年出生於台灣雲林。日本筑波大學人文社會科學研究科哲學博士(思想專攻),曾任台灣國立中山大學哲學研究所助理教授,中央研究院中國文哲研究所博士後研究員,現為廣州中山大學哲學系副教授。近年主要論文:〈東亞脈絡下的實存哲學發展:日本哲學與洪耀勳之間〉(蔡振豐・林永強・張政遠編《東亞傳統與現代哲學中的自我與個人》,台灣大學出版中心,2015年);〈兩個世界史的哲學論述―京都學派與柄谷行人―〉(《現代哲學》2016年第3期)、〈井筒俊彦的意識哲學―以《意識與本質》為中心―〉(《世界哲學》2016年第3期)。另發表多篇和日本近代哲學有關的論文。

  1975年台湾生まれ。筑波大学人文社会科学研究科哲学・思想専攻博士課程修了(文学博士)。台湾国立中山大学哲学研究所助理教授、中央研究院中国文哲研究所博士後研究を経て、現在、広州中山大学哲学系准教授。主な著作に「東アジアにおける実存哲学の展開―日本哲学と洪耀勳の間―」(『台湾東亜文明研究学刊』、第12巻第1期、2015年)、「井筒俊彦の意識哲学―『意識と本質』を中心に―」(『世界哲学』、2016年第4期)、「近現代日本における方法としての『論語』研究への探究―武内義雄、和辻哲郎、白川静―」(『孔子研究』、2017年第6期)、「ハイデッガー哲学の東アジアにおける受容と転化―田辺元と洪耀勲を中心に―」(『台湾東亜文明研究学刊』、第15巻第1期、2018年)。ほかに日本近代哲学についての論文多数。

 

出版日期

11/22/2018

語系

日文

版別

初版

裝訂

精裝

頁數

332

印刷

單色印刷

出版地

台灣